セレッソJ2降格の癌であった二人が出て行ってくれました\(^o^)/

クソガキ南野と無能の極致FWの杉本がようやく出て行ってくれることが正式に決まりました。去年セレッソが降格した原因はただ一つ。点が取れなかったこと、それに尽きます。とくにクソガキ南野の決定力の無さは天文学的でした。またフォワードにも関わらず全く仕事をせずに、試合中もボールに絡まずボーッと立っていただけの木偶の坊の杉本も見ていて本当に腹が立っておりました。降格が決まった時点でこの二人は是非出て行ってほしいと願っていただけに嬉しい限りです。二人とも間違いなく100%移籍先では活躍できないでしょう。特に層の厚いフロンターレに移籍した杉本はベンチにも入れず、数年後にJ2かJ3のチームに放出されることでしょう。南野の性格では海外ではすぐに干されることでしょう。大体ガンバの宇佐美でさえ海外で通用しなかったのに、南野が通用するなんて絶対にありえません。しかしながらいつも感じるのはセレッソサポーターのぬるいこと。シーズン中はクソガキ南野の度重なる無能さにイライラしていたにも関わらず、移籍が決まったら海外で頑張ってと掲示板に書く信じられない人間の多いこと。こんなサッカーを知らないで、仲良しごっこしているサポーターの多さに吐き気がします。自分達のチームを強くする為にはサポーターはより厳しい目でチーム、選手を見なければいけません。今回の降格は岡野前社長のせいだと責めていますが、私から見れば一番の責任は無能な選手と、それを批判もせずに甘やかしてきたサポーターが問題だと思います。とにかく今年は若い選手を中心に実績のあるブラジル人監督が全く違ったチームを作って頂けることを期待しています。
(玉田選手の加入は嬉しいです。ようやくパサーの能力のある選手を補強できました。ベテランですが新生セレッソでは確実に戦力になります。ナイス、フロント。)