フォルランが悪いのではない、彼を生かすパサーを補強しなかったセレッソが悪い!

今日にでもJ2降格が決まることが間違いないセレッソ大阪。開幕戦を迎える時にこのような惨状を誰が想像しえただろうか。特に目玉で獲得したフォルランを全く生かせなかったセレッソ大阪というバカ球団が悪いのである。フォルランは自分でゴリゴリでシュートするタイプではない。予想もしないところに抜け出してパスを受けてシュートを決めるのが持ち味である。ところが私は開幕時にフォルランにパスを供給する選手がセレッソには全くいないことに気付いてしまった。ガンバの遠藤やフロンターレの中村のような有能なパサーがいたら、間違いなくフォルランは得点王争いに絡んでいただろう。試合を見ていてフォルランが素晴らしい動きをしているのに、全くパスが通らないのを何十回も見た。外国人の他の補強も完全に間違っている。日本人選手でセレッソには優秀なパサーはいない。(扇原は酷いので問題外。)そこでフォルランにパスを供給できる外国人選手を補強すべきであった。それを考えるべき強化部長と社長が無能であったことが致命的であった。フォルランが悪いのではない、セレッソ大阪というバカ球団の上層部が悪いのである。これで当分どころかセレッソ大阪は二度とJ1に昇格できないように感じる。それでもヤンマー以来応援しているから、私は生涯セレッソ大阪を応援し続ける。フォルランの責任にすべきではない。選手流出の話も聞くが、そんな選手は出て行けばいいと思う。セレッソ大阪をJ2に降格させた元凶だからである。思い切って若手中心に本来の育成型のチームを目指して欲しいものである。