セレッソ大阪はフォルランを獲得すべきでない!

我が愛するセレッソ大阪にとんでもない選手が入ってくるというニュースがスポーツ紙に出て、掲示板にはもう入ったものとした浮かれまくっているサポーターの書き込みを見て大変危険性を感じる私がいる。これが万が一現実になったらセレッソのJ2降格の確率は高まったと思うのは私だけだろうか。確かにフォルランみたいな大物を獲得することはセレッソ大阪の知名度を上げ、集客力を集めることには貢献するかもしれないが、果たして戦力になるか冷静に考えて欲しい。私はこの獲得話は直前になってご破算になると確信している。しかし万が一獲得できた場合、戦力になるかどうははなはだ疑問といわざるを得ない。日本代表とウルグアイ代表でのフォルランは確かに凄かったが、当の本人がレベルの低いJリーグでまともにサッカー(仕事)をしてくれるだろうか。答えは限りなくノーである。確かにJリーグ開設当初はスキラッチやストイチコフのように鳴り物入りで来て、期待通りの活躍してくれたことはあった。しかし今はこじんまりとした中でそこそこ成功しているJリーグの中で、いきなり高い金を払ってまで大物を連れてくるリスクを取る事は非常に怖い賭けである。フォルランは一流選手であるが故に物凄いわがままで、怪我などと言い立てては試合に出ないということが多々あるというよからぬ噂も聞いている。他のチームのサポーターが書いていたが、一人の大物に大きな金を払って獲得するよりも、その獲得にかかる費用を三等分していい選手を三人獲得するほうがいいと私は思う。当たればいいが、外れた時にチームはガタガタになるのは目に見えている。ワールドカップ以降に柿谷や山口が海外に行くことも考えるなら、セレッソ大阪のフロントは極めて危険な賭けに出ている。(私はフォルランはセレッソには入らないと思っているが、万が一入ったとしてである。)またポポヴィッチという新しい監督がセレッソ大阪のサッカーをまだ把握出来ていない時点でこういうリスクを先に取る事は大きな間違いである。まずは1年目の新監督をサポートしてJリーグでしっかりと地盤を固めることが先決ではないだろうか。今年は降格さえ免れればいいと私は思っている。二人ないしは三人が今年海外に出て行く可能性があるチーム事情を考えると絶対にこの話はご破算になってほしい。他のセレッソのサポーターに批判されても甘んじて受けよう。何故なら私は本当にセレッソ大阪を愛しているからの苦言を申しているのである。