阪急阪神ホテルズに厳罰を!

阪急阪神ホテルズは過去7年間に渡ってホテルでのレストランの材料に偽装を続けていたことが判ったそうである。今、会社の弁明をテレビで見たが、会社としての品性を疑うゴミ人間の会見であった。何万人の人がホテルを信じて偽装された食材を食べさせられ、高い料金を払わされたのである。こんな酷い会社は今まで聞いたことがない。阪急と言えば関西では名門の会社である。大体一流シェフが具材が違っているのが判らないはずがない。それとも阪急グループのホテルのシェフはみんな素人だったというのか。これは完全に偽装であり、お客様に対しての明らかな詐欺行為である。役所は最低でもホテルのレストラン部門の6ヶ月以上の閉鎖を求めるべきである。騙された人にお金を返せばいいという問題ではない。今回のことは関西を代表する企業が行った蛮行で絶対に許せない。