セレッソ大阪(第30節)- ゴールーキーパーの選定間違いが全ての試合

よく追いついたと思う。正直1対3になった時にはあきらめましたが、その後のセレッソの攻撃は素晴らしかったです。それにしてもずっと好調を維持し続けていたGKの松井をどうして先発から外したのが、今日の負けに等しい引き分けの原因の全てであった。正直取られた3点のうち、2点は松井なら防いでいただろう。まだ調子の上がらないキム・ジンヒョンを使ったクルピ監督の明らかな采配ミスである。(断っておくが、私はキム・ジンヒョンの大ファンである。)今年はキムは控えにして、松井を使ってほしい。それにしても乾のプレーは実に酷い!ミスの連発に見ていてマジにキレそうになった。最後に先発のサイドバックの酒本が実に素晴らしかった。去年のJ2時代の活躍を思い出してしまった。高橋もいい選手だが、半分は酒本も起用してほしい選手である。