香川が抜けたセレッソ大阪を考察する

とうとう香川がワールドカップ後に、ヨーロッパのチームへの移籍が決まったようである。これはセレッソ大阪ファンであるなら前から分かっていたことなので、別に驚きはしない。むしろ香川ファンとしては世界の香川になって活躍してほしいと思っているので、喜んで送り出してあげたい。そして今季序盤にセレッソで活躍してくれたことについては大きく感謝すべきである。さて総得点の半分近くを稼いでいた香川が抜ける7月以降のことを、チームとしては今から真剣に考えなければならない。単純にフォワードを一人増やせばよいか。答えはノーである。はっきり言ってセレッソのフォワードに得点の匂いが香川レベルまで期待することが到底無理である。播戸や小松は正直言ってフォワードとしての決定力が全くといっていいほどない。永井といった若いフォワードの選手にそういうことを要望するのも酷である。
結論から言うといい結果が出ている今のフォーメーションのまま4-2-3-1のワントップで戦っていくべきだとる。家長はFWで使うよりもやはりトップ下でボールを供給する役目を果たしてほしい。(もちろんそこから派生するミドルシュートも期待します。)。で香川の代わりだが、個人的には大分トリニータから移籍してきた清武に大いに期待をかけている。去年の終盤戦の大分のパフォーマンスはとても良かったが、特に家長と清武の動きが秀でていた。香川のようにすぐに得点は期待できないまでも、清武は得点に絡む仕事は出来ると思っている。まだ若いのでクルピ監督が香川を使って育てたように、清武も試合の中で是非育ててほしい。そして我々セレッソファンも例え結果がすぐに出なくても、我慢して自分たちが育てるつもりで暖かくサポートしてあげたいと私は考えている。
ただ、悩ましいのは私がセレッソのサッカーに合わないと思っているマルチネスが7月には復帰してしまうことである。
私なら絶対使わないが、クルピ監督はスタメンで出すだろう。そこで提案だが、マルチネスを従来のボランチではなく、攻撃のMFの中央に置くのはどうであろうか。ボランチは羽田、アマラウコンビがいい。アマラウはマルチネスが出てくると、自分のサッカーを殺してしまうから彼の良さが生きないのである。実はJ2の去年から思っていたのだが、マルチネスはボランチより前に置いたほうがいいと思う。家長とマルチネスという攻撃的な二人が前線に揃うということで、相手ディフェンダーは対応に戸惑うのは間違いないからである(言い換えれば、脅威になる。)香川の代わりに単純にマルチネスをはめ込むのが、使う場合はベターではないだろうか。その時に外されるのは乾か清武になるであろう。が、多分クルピは頑固だから、マルチネスをボランチで使い続けるであろう。多分そうなると私が前に書いたように、残念ながらセレッソはまた勝てないチームに戻ってしまうと思う。とにかくワールドカップ後のスタメンがどうなるか、興味津々である。