野鳥撮影のために早期退職した男の独り言

アクセスカウンタ

help RSS 再開したM-1グランプリは最悪でした

<<   作成日時 : 2015/12/11 21:12   >>

トラックバック 0 / コメント 0

期待していたM-1グランプリのあまりのずさんさにガッカリしました。5年前の審査方法が良かったです。審査員の選定が最悪でした。歴代グランプリの漫才師を審査員にするというとんでもない愚挙に出ました。とにかく採点方法が恣意的で、点数の付け方に納得できない場合が多かったです。私がつまらないと思ったコンビに点が高く、面白かったコンビが低かったのでビックリしました。5年まではのしっかりとした審査する能力のあるベテランの芸人さんでしたので、私の評価とほとんどリンクしていましたので見ていて全く違和感がありませんでしたが、今回は酷かったです。特にあの名前も知らないハゲ二人がグランプリとは信じられませんでした。あれは漫才ではありません。ハゲを中心にした自虐ネタでコントに近く、低レベルの実につまらないものでした。しかし東京の観客は馬鹿が多いのか、何が面白いのか笑っている人間が多かったのに愕然としました。漫才の内容、レベルともあの三組では断然銀シャリが優勝だったでしょう。ああいう過去の王者とはいえ、最近ほとんど漫才しているところを見たこともないチンピラ芸人を審査員にしたところで番組は終わっていました。来年からは見ないでしょう。やはりM-1を一から創り上げた島田伸助は実に偉大だったんだなあと再認識致しました。暴力団との関わりで引退したのがなんとも惜しまれます。とにかく最悪最低のM-1でした。優勝したハゲ二人の名前を最後まで覚えられませんでした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

再開したM-1グランプリは最悪でした 野鳥撮影のために早期退職した男の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
[ ]