野鳥撮影のために早期退職した男の独り言

アクセスカウンタ

help RSS お金より残された自由を選択することにしました

<<   作成日時 : 2012/06/14 05:45   >>

トラックバック 0 / コメント 2

昨日の夜、計算するとこのまま会社に残って定年まで迎えると貯金が1億円を突破することが確実となることが分かりました。しかし、私は敢えてお金ではなく50歳からの野鳥撮影に生きる自由を選択すること決心致しました。今年で23年になる野鳥撮影を極めてから死にたいと考えたからです。実に大きな選択だと思いますが、しかし全く迷うことはありませんでした。私はお金は無くてもより多くの自由がほしいからです。生きる目的、張りがある私にとって無駄な時間を使って老いたくはないのです。お金が少なくても、貧しくてもいいから、好きなことをやって死にたいのです。誰でもたった一度だけの人生です。この選択については私は全く後悔しておりません。例え、退職してすぐに大病にかかって死んだとしても、それは私が選んだ道だからやむを得ないと思っております。私は残された人生を有意義に使っていくつもりです。仕事だけで人生を終わらせたくはありませんから。




35歳からのリアル
WAVE出版
人生戦略会議

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 35歳からのリアル の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
全く同感です。
定年時に1億あっても使い切れない。
サトシ
2012/06/19 14:51
サトシさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。60歳で定年になった方に聞いたら、お金があっても体が動かないので有用に使えないと仰っていました。私は野鳥撮影をしている時だけ生きていると実感しています。
大阪チドリ
2012/06/19 22:40
お金より残された自由を選択することにしました 野鳥撮影のために早期退職した男の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
[ ]